login01logiout01car01cart01info01mail01mail02mail03shop01yen01

Extra Chapter  私たちのとりくみ

 - インドネシア ボアレモカカオプロジェクト -

 東京フードは、インドネシア国ボアレモ県産カカオ生産推進事業(ボアレモ県政府、インドネシア・ゴーベルグループ、兼松株式会社)に協力しています。
 農業が主体の地域であるボアレモ県、その多くはトウモロコシ農家であり、焼畑農業によりCO2の排出と森林減少が進んでいます。
 森林の外側でのカカオ栽培を普及促進することにより、農家の生計向上をはかり、トウモロコシの焼畑による森林減少を抑制。これによりCO2排出を抑制します。

 

インドネシア・ゴロンタロ州 ボアレモ県の概況




トウモロコシの農業が主体のボアレモ県。
収入は多くなく、農家の暮らしは楽ではありません。


【BoaremoYakihata】
焼畑農業により、ボアレモの森林減少と大気へのCO2排出が進んでいます。
 

減少するゴロンタロ州の森林面積

【GorontaroForestArea】
焼畑農業の影響により年々森林面積が減少しています。

 

事業の実施イメージ

【BoaremoProject】
森林保全啓発活動を行うとともに、森林外でのカカオ生産普及・改善と市場アクセス支援うことにより、森林減少を抑制していきます


【BoaremoCacaoCheck】
カカオ豆の発酵状態を確認している様子

【BoaremoCacaoHarvest】
カカオの収穫のお手伝いをしている様子
 

日本国内での取り組み・シナジー

 本事業にて得られた高品質なカカオを使い、地域のこだわり食材・観光資源などと組み合わせた商品開発など、新しい展開を計画中です。
【Boaremo*Tokyofood】